尿酸値が高い方へ

「尿酸値って、尿の酸度のこと?」

「痛風は、美味しいものばかり食べるとかかる“ぜいたく病”でしょ?」

近年、糖尿病や高血圧、メタボリックシンドロームなどを始めとする「生活習慣病」に関する知識はかなり広まってきているものの、こんな会話を耳にすると高尿酸血症に関しては偏見が多く、正しい知識からは程遠いと感じてしまいます。

例えば
「痛風はぜいたく病だし・・・」
「お医者さんに、痛風になるって言われちゃった」
と安心していたり、照れ隠しのような発言をしてるなんて、とんでもない間違いです。

現在の日本では、高尿酸血症患者が600万人以上にも上り、そのうちの60万人が痛風患者だといわれています。そして、その数は年々増加の一途を辿っているのが現状です。

高尿酸血症や痛風は、もはや“ぜいたく病”ではなく、現代人なら誰でもかかる可能性のある病気なのです。

痛風は発作を起こすと耐え難い激痛を伴い、一度発症すると生涯に渡る治療が必要になります。

高尿酸血症の場合、自覚症状がないので油断して症状を放置してしまいがちですが、尿酸値が高い状態(男性:尿酸値7.0mg/dl以上、女性:6.2mg/dl以上)を放置しておくと、痛風の原因となるばかりでなく、動脈硬化や心筋梗塞をはじめとする「命にかかわる合併症」を引き起こす危険性が高くなります。

健康診断や人間ドックで「尿酸値が高い」ことがわかったら、「尿酸値を下げるにはどうすればいいのか?」尿酸値のコントロール法、高尿酸血症や痛風の基礎知識を確認し、しっかりとした対策と生活習慣の改善に取り組まなければなりません。

このサイトであなたの尿酸値が下がり、痛風や動脈硬化、心筋梗塞のリスクを回避し、高尿酸血症を改善するきっかけを掴んでいただき、健康な身体を手に入れていただけることを、心から願っています。

【私からのオススメです】

サプリメントの口コミを紹介しているサイトがありました。 → 詳しくはこちら

自分でできる尿酸値を下げる、高尿酸血症改善法

このページの先頭へ